花火大会、お祭り

諏訪湖花火大会2024ホテル予約いつから?花火の見える宿や穴場もご紹介!

2023年5月17日

【PR】本ページはプロモーションPRが含まれています。

諏訪湖は、長野県岡谷市・諏訪郡下諏訪町・諏訪市にまたがる湖です。

信州一の大きさを誇る諏訪湖の近くでは、諏訪神社の総本社や映画のロケ地として有名な立石公園があり見所満載です!

 

そんな諏訪湖で開催される夏の風物詩、花火大会は昭和24年から始まりました。

終戦後の混乱の時代、少しでも明るい希望を持ち、1日でも早く立ち直ることを願い開催された諏訪湖花火大会。

感染症による暗いニュースが多い現代にも通じるものがありますね。

 

また、今年2023年の第75回諏訪湖祭湖上花火大会は、4年ぶりの開催となります。

今回は、「貴方とともに諏訪湖の花火」というコンセプトだそうです。

今年の夏はぜひ大切な人を誘い、轟きと煌めきに溢れた諏訪湖の花火大会へ行きましょう!

 

諏訪湖花火大会2023

4年ぶりの諏訪湖花火大会2023は、「貴方とともに諏訪湖の花火」をコンセプトに、以下の日程で開催されます。

 

■開催日時:2023年8月15日(火)19:00〜

※雨天決行

■開門時間:14:00予定

■開催場所:諏訪市湖畔公園前諏訪湖上

■交通アクセス:

  • 車:中央自動車道諏訪ICから諏訪湖方面へ約15分(通常時)
  • 電車:JR中央本線諏訪駅下車徒歩10分

 

※当日は交通渋滞が予想されるため、余裕を持って行動しましょう。

 

諏訪湖花火大会2023おすすめホテル

感染症対策が緩和され、今年は大勢の人が訪れるであろう諏訪湖花火大会2023。

中には、「未だ感染症が気になる」「旅館でゆっくりと花火を堪能したい」と考える方もいるのではないでしょうか?

 

そんな方のために、旅館やホテルから諏訪湖花火大会を鑑賞することができる宿をご紹介します。

また、それぞれの宿の諏訪湖花火大会に合わせた予約受付開始日もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

※ホテルの部屋によっては花火が見えない可能性もあるため、必ず予約前に花火を見ることができる客室かどうか確認しましょう!

 

RAKO 華乃井ホテル

■予約開始日:2023年4月11日

■交通アクセス

  • 車:中央道諏訪ICより8分
  • 電車:JR上諏訪駅より予約制シャトルあり

RAKO 華乃井ホテル

 

ホテル紅や

■予約開始日:2023年4月20日12:00

■交通アクセス

  • 車:中央自動車道諏訪ICより約6㎞、約15分、諏訪湖正面
  • 電車:JR中央本線上諏訪駅より徒歩10分(事前予約で無料送迎あり)

ホテル紅や

 

ホテル鷲乃湯

■予約開始日:2023年4月11日

■交通アクセス

  • 車:諏訪ICより15分
  • 電車:JR上諏訪駅より徒歩8分

ホテル鷲乃湯 

 

上諏訪温泉 浜の湯

■予約開始日:要問い合わせ

■交通アクセス

  • 車:中央道諏訪ICより15分
  • 電車:JR上諏訪駅より徒歩5分

上諏訪温泉 浜の湯

 

布半

■予約開始日:要問い合わせ

■交通アクセス

  • 車:諏訪ICより15分
  • 電車:中央線上諏訪駅より徒歩7分

布半

 

かたくらシルクホテル

■予約開始日:要問い合わせ

■交通アクセス

  • 車:中央道諏訪ICより15分、長野道岡谷ICより20分
  • 電車:JR上諏訪駅より徒歩5分

かたくらシルクホテル

 

渋の湯

■予約開始日:要問い合わせ

■交通アクセス

  • 車:中央道諏訪ICより湖岸線経由15分
  • 電車:JR中央線上諏訪駅より徒歩7分

渋の湯

 

しんゆ

■予約開始日:2023年4月25日

■交通アクセス

  • 車:中央道諏訪ICより車10分、諏訪湖目の前
  • 電車:JR上諏訪駅より徒歩10分(送迎バスあり、最終17:00)

しんゆ

 

朱白

■予約開始日:要問い合わせ

■交通アクセス

  • 車:諏訪ICより15分
  • 電車:JR上諏訪駅より徒歩7分

朱白

 

萃sui 諏訪湖

■予約開始日:要問い合わせ

■交通アクセス

  • 車:諏訪大社上社・下社から約20分
  • 電車:上諏訪駅より徒歩約10分

萃sui 諏訪湖

 

諏訪湖花火大会2023穴場スポット

次に、諏訪湖花火大会2023の穴場スポットをご紹介します。

こちらもぜひ参考にしてみて下さいね!

 

立石公園

SNSがまだ普及していなかった時代、地元民おすすめの穴場スポットが立石公園でした。

今では穴場スポットという割にはメジャーな場所ですが、ここから見える花火はとっても豪華絢爛!

小高い丘に立地しているため諏訪湖を一望でき、花火の全貌を見ることができます。

 

ヨットハーバー隣の百景園

ヨットハーバー寄りの場所では、打ち上げ場所も近く、ナイアガラも間近で見ることが可能です。

 

SUWAガラスの里周辺

花火大会から少し距離はあるものの、人が少ないという利点があるSUWAガラスの里周辺。

駐車スペースからの帰路・帰りの混雑も比較的少なめ、というメリットもあります。

 

高ボッチ高原

花火よりも高い場所にある高ボッチ公園。

立石公園と同様高い位置にあるので、諏訪湖が一望できるほか、花火全体も見ることができる穴場スポットです。

 

赤砂崎公園

打ち上げ場所から距離がありますが、湖面に映る美しい花火の姿を鑑賞できる場所となっています。

 

岡谷湖畔公園

対岸の花火がよく見える穴場スポットです。

 

ハーモ美術館周辺の湖岸

赤砂崎の東側にあるハーモ美術館周辺の湖岸は、下諏訪駅から徒歩10分とアクセスも良好。

電車のほか、もちろん車での鑑賞も可能です。

下諏訪エリアは上諏訪エリアよりも渋滞が少ないというメリットもあります。

 

鳥居平やまびこ公園

高台にある鳥居平やまびこ公園でも花火がよく見えます。

 

諏訪湖間欠泉センター

打ち上げ会場から近く、花火の臨場感を味わえる穴場スポットです。

ただ、諏訪湖サービスエリアからの花火鑑賞は禁止されているので、花火を見る際は高速を降りてから見るようにしましょう。

 

まとめ

4年ぶりの諏訪湖花火大会2023は、「貴方とともに諏訪湖の花火」をコンセプトに開催されます。

 

旅館の客室から花火を見ることができる宿は、4月中旬から客室の予約が開始され、完売しているホテルもちらほらあります。

しかし、未だ受付開始日が発表されていない宿もあるので、気になる旅館に問い合わせをして、今年の諏訪湖花火大会を楽しみましょう!

 

また、諏訪湖花火大会の穴場スポットも合わせてご紹介しました。

人混みを避けたい方や、少し遠くても渋滞を避けたい方はぜひ参考にしてみてください。

-花火大会、お祭り